about Harumonia@Run

【Harumonia@Runとは?】

【走り始めたきっかけ】
私が走り始めたのは、病気がきっかけでした。
2011年、私は病気で手術を受けました。
手術後、リハビリを兼ねてスポーツジムに通い始めました。
最初、プールでウォーキングや筋トレをしていましたが、トレッドミルで走るのが楽しくなりました。
でも、走るだけならジムに通う必要もないと思い、それから外を走ることに。
ウォーキングから始まり、
5km、10kmと少しずつ走れる距離が延びていくのが嬉しかった思い出があります。
走れる距離が延びて来た頃、「これならフルマラソンも走れるかも??」
と、無謀な考えが頭に浮かびます(笑)
ちょうど、その頃「下関海響マラソン2012」のエントリーが始まっている時でした。
海響マラソンは、今ではエントリー開始から1時間で締め切ってしまう大会になってしまいましたが、
当時は数日間エントリーが出来る状態でした。
少し考えてから、「走ってみたい!」と、どんな大会かよく調べもせずエントリーしました。
ここが、今の私に繋がっていく原点となります。

【お店を始めたきっかけ】

きっかけとなった出来事。
それは、2016年2月、東京マラソンEXPOでOnの販売ブースのお手伝いに行ったことでした。
私は、前職でスポーツオーソリティ防府店でランニング担当として販売の仕事をしていました。
その経験を活かせること、何より今話題のOnのシューズの販売をしてみたい、
そんな思いで東京へ向かいました。
東京マラソンEXPOのOnのブースの熱気は、オーソリティ防府店では体験したことのないものでした。
来場される方みなさんが、目を輝かせてブースを来訪されます。
まずは、見たことのないソールの形状に目を奪われ、足を入れて軽さに驚かれる方が多く、
実際に購入に繋がる頻度も多かったことを覚えています。
私がオーソリティの店頭にいて、あそこまでの熱気を感じたことはなく、Onの勢いを感じた瞬間でもありました。
この時に出会った方が、福島でOnのシューズのお店を開かれることを聞いたのも、
私が自分のお店を開くきっかけでもあります。
それから、「On」のシューズを山口県内・近隣の方にも体感・体験して欲しい。
みんながわくわくするシューズを届けたい!
そんな強い思いがあって、自分のお店を開こうと決意しました。

アクセスMAP